【間違いだらけ?】食品中の放射線・放射能測定(日本製 測定器)

食品中の放射線放射能測定は、間違いだらけ、というのが現状のようです。

何がどう間違えているのか、ということについて、メモを残しておきたいと思います。


【安い測定器では、正確さを期待できない】

当ブログでは、LB200という食品用の放射線測定器の精度についてまとめてみたことがあります。食材や水を計測する放射能測定器(ベクレルモニター)としては、かなり安い部類になります。週刊文春が、この放射能測定器と、ゲルマニウム半導体検出器の数値比較の記事を掲載。測定値のあまりの違いにびっくりしてしまいました。

【不正確さ、ヤバすぎ?】LB200 ベクレルモニターの精度、評判、価格

文春のスタッフの手際が悪かったのか、もともと検出器の正確さがひどかったのかは、わかりません。ただ、廉価な放射能測定器は、実際より極端に高い数値が出やすいようです。


【最低価格は400〜450万円】

ここのところ、市民放射能測定所では、日本製のFNF-401(応用光研工業株式会社製)を導入するところが増えています。たとえば、チーム二本松がこの機種を使っています。チーム二本松は、粉ミルク「明治ステップ」のセシウム汚染を告発した市民放射線測定所です。チーム二本松は、大学教授のアドバイスを受けてこの測定器を購入。また、きちんと計測ができているかの確認を、積極的に行っているようです。この機種レベルですと、価格は400万〜450万円はするみたいです。


【理想は、ゲルマニウム半導体検出器】

食品・水・土壌の場合、比較的普及している測定器の中では、ゲルマニウム半導体検出器がもっとも正確、という口コミ・評判が定着しつつあります。この種類ですと、値段は1000万円以上するようです。

ただし、「おおまかに、ひどい放射能汚染があるかないか知りたい」ということでしたら、アメリカ製のインスペクター+(プラス)や、シンチレーション測定器(ミスターガンマや、堀場製作所のHORIBA radi PA-1000)でも、わからないこともない、という説があります。


厚生労働省の食品中の放射能測定】

正確な計測の方法については、厚労省緊急時における食品の放射能測定マニュアルを公表しています。

・緊急時における食品の放射能測定マニュアル(PDFファイル)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r98520000015cfn.pdf 

ただ、現状では、ストロンチウムプルトニウム、そしてトリチウムといった放射性物質については測定がほとんど行われていません。とくにストロンチウムプルトニウムは猛毒と言われています。今後は、放射性ヨウ素セシウム以外の核種の測定を期待したいところです。


【関連記事】

ガイガー FUKUSHIMA 、致命的なポイントとは?(口コミ・評判・精度)
【精度に不安】ガイガーfukushima(ガイガーカウンター,福島)

・[http://d.hatena.ne.jp/rakkochan/20120209/p1:title=【評判】エステーガイガーカウンターで計測してみたよ。(精度と口コミ)]